クレジットカード会社の対応は?

クレジットカードのショッピング枠の現金化に対して、クレジットカード会社の対応はどのようなものでしょうか?
 

換金目的の利用は禁止されている

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという換金行為は禁止されています。
クレジットカードの利用規約やHPなどで、はっきりと記載されています。
またそれと同時に、現金化に注意するように喚起しています。

 

一度現金化してしまうと負債を抱えることになる

現金化を悩む男性現金化をしてしまうと、自分の債務を増やすことになります。
一時的に現金を手にするにしても、後日カード利用代金を
クレジットカード会社に支払わなければなりません。

自分の責任になります。結局はクレジットカード会社に対する債務を負
う事態になるのです。いくら現金化業者が悪徳であろうと、
クレジットカード会社の補償などはありません。
自分で責任をもって、カードの使用料金を支払う必要があるのです。

 

クレジットカード会社の取り組み

ショッピング枠の現金化排除に向けて、さまざまな期間と協力して現金化をなくす努力を行っています。
もしも現金化するためにクレジットカードを利用したことがわかると、規約違反となり残金の一括請求、
カードの利用停止、カードの強制退会などが施行されることがあります。
クレジットカード会社としては、現金化ができないようにするための対策を講じています。

 

個人情報が漏れる可能性もあるためにカード廃止

クレジットカードのショッピング枠を現金化してしまうと、現金化業者に提供したカード番号や
個人情報等などが漏えいしてしまう可能性があります。これらの情報が悪用されてしまうことがあります。
そのためにカード会社が現金化が分かると、カードの利用の停止を求めるケースがあります。

 

利用規範に反したものには、退会処分

クレジットカードを利用して現金化した場合は、利用者本人が犯罪に問われることやトラブルに
巻き込まれることもあります。またクレジットカード会社の利用規範に反したことになります。
そのような利用者には、クレジットカードの強制退会を命じられることもあります。
 
クレジットカード会社としても、注意を喚起するとともに、厳しい対応によってクレジットカードを
利用した悪質な行為に歯止めを効かせようとしています。
現金化したら、クレジットカードを失い、信用を失うことになりかねないことを覚えておきましょう。