クレジットカード現金化のしくみ

クレジットカードのショッピング枠を現金化する会社が存在することを知っていますか?
街中などによく見ると広告などを出して営業をしています。
しかしとても危険なものです。クレジットカード現金化の仕組みを詳しく調べてみましょう。
 

クレジットカード現金化の会社が存在する理由


クレジットカード現金j化を考える男性総量規制という法規制によって、
消費者金融からの借入を簡単にはできなくなりました。
このことで、消費者金融は大きな打撃を受けました。

そんな消費者金融業の代わりとして活性化してきたのが、
クレジットカードの現金化です。
法規制をくぐり抜けようとするものです。

 

クレジットカード現金化には違法性がないの?

クレジットカードの現金化は、違法性が常に付きまとっているものです。
以前の消費者金融のグレーゾーン金利は、最高でも30%ほどでしたが、
なんとショッピング額を現金に買えた場合は年利が100%を超えてしまうこともあります。

 

クレジットカード現金化はどのような仕組なの?

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、クレジットカードのショッピング枠を、
物品やサービスの購入に利用するのではなく、換金を行っていきます。
たとえば、30万円の換金を行うとします。30万円分の価値がないものをカードで購入します。

この時に渡される現金は、30万円よりも低く20万円ほどです。
残りの10万円を会社が手数料として受け取るという仕組みです。
この現金化を利用した人は、クレジットカード会社に30万円の請求をされることになります。

 

利子がものすごく高い

クレジットカード現金化の手数料は高い上記の例で挙げたように、20万円の現金を得るために30万円を払うことになります。
つまり利子は10万円となり、かなりの年率がかかってくることになります。
これらの会社の巧みな点は、クレジットカード会社のキャッシングの枠よりも
ショッピングの枠の方が利率が低いという点を巧みに使うのです。

しかしながら結局は手数料を取るために、キャッシング枠よりもかなりの高金利で
お金を借りてしまうことになるのです。絶対に換金目的ではクレジットカードは
利用しない本来の目的である商品やサービスの購入に利用するのではなく、
換金を目的としてカードを利用することは、絶対にNGです。
クレジットカード会社はこのような利用をもちろん認めていません。

魅力的に思えるかもしれませんが、絶対に利用しないようにしましょう。

健全に賢く借りるなら銀行カードローンがおすすめです。